SNSでよく聞くアクティブユーザー数とは

SNSのリアルユーザー数とは

注目度はどのようにわかるか

例えば、昨今の画像(動画を含む)のSNSの盛り上がりには、本当に驚きです。 例えば、写真を投稿するSNSですが、写真のクオリティももちろん、そこで撮ってアップするためだけのスポットも登場しており、周辺をも巻き込んでさまざまなものが登場しています。 どのくらいのユーザーが存在しているのでしょうか。 もっと読む

そのアプリはみられているか

さまざまなSNSがある中で日々、ランキングやユーザー数などがデータとして出されています。
インターネットという特性上、自身でその数値を調べることも可能ですし、もちろん日々ネット上のニュースでは、ブログやSNS、アプリなどのトータルのユーザー数が発表されています。
言い換えれば、注目度や人気の指標となるわけなので、その数字はとても重要になります。
また、言うまでもなく広告に関連することから、ビジネスの側面としても非常に重要な数値となります。
そのようなニュースの中で、たびたび耳にする(目にする?)アクティブユーザーという言葉があります。
言葉の定義としては、SNSなどで、ある期間内において1回以上のサービスの利用をしているユーザーのことを指します。
計測の方法については、期間により異なる場合があり、それにより分類しているようです。
月間のアクティブユーザーもいれば、一週間あたりのアクティブユーザーもいます。
もちろん、一日あたりのアクティブユーザーもいます。
ブログなどの人気の指標としてはアクセス数などがよく取り上げられています。
アクセス数なども重要な指標ではありますが、そのブログやSNSなどは、ブラウザまたはアプリなど、どちらかでみている人もいるわけです。
スマホなどでは、アプリの方が使い勝手いいものもたくさんありますし、ブラウザ以外でみている人が多いというサイトも存在すると思います。
常に新しいものが生まれているネットの状況において、細かな測定や検証をするにはさまざまなデータが必要になるということでしょうか。

さまざまな指標がある中で

ユーザー数もネット上なので、ほぼ正確に把握できるわけです。 しかも、そのユーザーの行動はアクティブなのか、またはそうではないのかも、わかっていると思います。 人気または注目の指標としてはフォロワー数として語られますが、数値によってアプリやユーザーの特徴もわかるようです。 少し調べてみます。 もっと読む

重要視するポイント

なぜ、その数値が指標となるのかを考えるのはとても重要です。 ひとつの数値からでは、特徴や特性などが導き出せない可能性もあります。 中長期的に注目されるものを目指すのであれば、マーケティング的にも常に把握しておく必要は十分にあります。 それぞれの数値の重要度はどのようなものでしょうか。 もっと読む